医療保険見直し 2

 - 

女性の場合妊娠中は入れる保険が限られています。妊娠中は何があるかわからないリスクも高いですし中々入れる保険がありません。妊娠前に入るか、出産後に入ると子供もいるので自分に何かあった時に安心です。妊娠前に入った方がいいのは、妊娠中のトラブルで入院した時や帝王切開手術で保険が下りる場合があるからです。

離婚や死別した時には子供がいる場合といない場合で大きく変わってきます。子供がいる場合は保障を大きくしておかないと、残された子供が大変になります。子供がいない場合は自分の葬式代があればよいので、逆に補償を下げても問題ありません。

保険料が負担になる場合は早急に見直しが必要です。保険での補償は大切ですが生活に負担がかかるようであれば本末転倒です。最低限の補償に見直して保険料の金額を下げる必要があります。ただやみくもに下げるよりは、無料で相談できる所に相談に行くと色々なアドバイスが受ける事が出来ます。

保険の更新がある場合も見直すタイミングです。更新のある保険は定期医療保険で、一定期間同じ金額で払い満期が来た時、補償は年齢が上がっても変わりませんが年齢によって保険料が上がります。保険内容を見直す絶好のチャンスです。


医療保険見直し 1

 - 

医療保険は様々な見直しのタイミングがあります。一つは就職した時です。保険に入っていない人も居れば家族が払ってくれていた人もいます。自分の保険の補償をどこを重視するかを考えます。まだ独身である場合はまず万が一に必要な部分にと、医療費が高額になり払えなくなるような事にならない様にフォローされている部分を重視します。死亡保険は葬儀代が払えるくらいあればそこまで重視しなくてもまだ大丈夫です。まだ独身なので積み立て型の保険も満期になった時にお金が下りるので、貯金感覚で保険を掛けるのもよいですし、終身保険でがっちりと保険を掛けるのも良いです。

次に結婚した時が見直す時です。一人から夫婦になり守る相手が出てきます。夫の場合は妻が専業主婦の場合自分が無くなってしまった後、妻が仕事に出て働き安定するまでのお金が残る位の金額の保険に入るのがベストです。共働きの場合は死亡保険を無理にあげなくても大丈夫です。女性の場合も同じですが、妊娠を希望している場合で保険に入っていない時は早めに入ることが大切です。

家を購入した場合は団体信用生命保険に入ります。ローンを組んでいても支払い主にもしもの事があった場合はローンが相殺され、死亡保険も入るので安心です。団体信用保険を利用しない場合は死亡保険を上乗せしてローンが相殺されるようにすると安心です。


医療保険の種類

 - 

社保や国保も医療保険と言います。民間の保険会社が補償する保険も医療保険と言います。民間会社が提供している医療保険には色々な種類があります。

終身医療保険は一生補償が続き、突発的な病気や事故に安心です。保険料は一生払うタイプと60歳までと支払い終了年齢が決まっているタイプがあり同じ補償でも保険料が違いますが、補償額は変わりません。

定期医療保険は一定期間の補償で更新があります。補償額は変わりませんが、更新時の年齢に合わせ保険料が上がってきますが更新時に見直す事が出来ます。

女性向け医療保険は通常のケガや病気の他に女性特有の病気をカバーしてくれます。貯蓄型医療保険は一定期間保険の補償を使わなかった場合決まった期間にまとまった金額がもらえます。他には決まった金額払い続けると保険料が戻ってくるタイプがあります。引受緩和型医療保険は通常保険に加入する場合は、持病の有無などを確認され持病があると保険に加入できない場合があります。こちらの保険は持病があっても条件さえ満たせば保険に加入できます。

無選択型医療保険は引受緩和型医療保険に加入できなかった場合加入できる保険です。無選択型医療保険と引受緩和型医療保険は保険料が通常よりも高く補償が通常よりも低くなる事が多いです。それぞれ保険会社によって違います。

一口に医療保険と言っても色々なタイプがありますが、ライフスタイルによって入る保険のタイプを変えると家計も助かりますし、補償も違ってきます。医療保険にガン特約など特約を付けるだけでより充実した補償に変わってきます。保険を見直すタイミングはいつがいいか紹介します。